新着情報
入選!!

第9回介護作文フォトコンテストに我が鶴生田園の作品がフォト部門で入選し立派な表彰状を頂きました。

今後も日々の利用者様のベストショットを撮っていければと思います。

写真を選んだ職員さんお見事でした!!

2017 / 01 / 21    カテゴリ: 活動風景
花見外出 in北部運動公園!!

北部運動公園へ花見外出をしてきました(^O^)

芝桜はまだ見頃ではありませんでした(>_<)

しかし、桜は満開で綺麗でした(*^^)v

皆、揃って記念撮影!!

夫婦揃って記念撮影!!

皆さん、なかなか外出ができない為、とても喜ばれておりました特に女性の方は、花を見られてとてもいい顔をされておりました(*^。^*)

2016 / 07 / 06    カテゴリ: 活動風景
☆富士労連2015年福祉カンパ活動スバルトランスケア寄贈式☆

富士労連の会長であります、山岸会長様より目録を頂きました。

そして↓↓↓

富士労連東亜工業労働組合、羽川執行委員長様からゴールデンKEYを頂きました。

本当にありがとうございました!!職員一同、大切に乗らせていただきます。

車種:ディアスワゴン

最後は、みなさんで記念撮影です。

ハイ!!チーズ(パシャ

2015 / 10 / 16    カテゴリ: 活動風景
かき氷!!

夏ということで納涼祭や各地でお祭りが始まるかと思いますがよく目にするかき氷を今年より

鶴生田園でも始めてみました(#^.^#)

シロップは、イチゴメロンブルーハワイ、レモンみぞれと沢山の味を用意しております(^o^)

普段、食事を食べない利用者の方も、我を我をというんばかりにかき氷をもらいにきます(^.^)

かき氷を食べ終わって舌を見ると皆さん、シロップの色になっていました(#^.^#)

利用者の皆さんは、とても喜ばれておりました(^_^)

夏の期間は、随時出しておりますので水分補給等に出していきたいと思います(^o^)

2015 / 07 / 17    カテゴリ: 活動風景
鶴生田園菜園!!

今年も始めてみました(#^.^#)

まずは、あさがお✿昔、自分も小学生の頃に育てた覚えがあります(^o^)

今年は、何色の花が咲くのでしょうか?

続きましては、茄子です(^.^)

茄子にも沢山の種類がありますが園で植えたのは、長茄子です)^o^(

続きましてミニトマトとなります(^o^)

まだまだ、熟していなくまだまだ食べられないですが少しずつ熟して食べれるの楽しみにしたいと思います(*^。^*)

最後にメロンです(#^.^#)

食べるにはまだまだですが水をしっかりとあげて収穫を楽しみにしたいと思います(^_^)

近々、育った様子を更新しようと思います(#^.^#)

2015 / 07 / 10    カテゴリ: 活動風景
総合防災訓練!!

先日、5月27日に総合防災訓練を行いました(^o^)

業者の方から設備や通報の順序の説明を聞いております(*^。^*)

訓練とはいえ職員さんは、一生懸命に利用者様の避難誘導を行っております(^_^)

訓練ですが職員から消防へ通報しております(^.^)

新人職員による消火器の使い方と消火訓練を行います(#^.^#)

実際の消火散水栓を使用しております。また、この散水の威力が強くしっかりふんばらないいけないくらい強いです(>_<)

鶴生田園では、年に2回防災訓練訓練を行っております(#^.^#)

2015 / 05 / 31    カテゴリ: 活動風景
マッサージは、いいねぇ~(*^^*)

鶴生田園デイサービスセンターでは、週3回、マッサージに長谷川先生が来園をされております。

希望者にはマッサージのサービスを行っております。

ほぼ全員の利用者の方が希望をされ、たいへん好評です。

2012 / 05 / 02    カテゴリ: 最新情報 / 活動風景
事故防止勉強会

今回、鶴生田園にて、穂積PTによる事故防止の勉強会を行ないました。

とても勉強になりました! 今後、今回の勉強会を活かしていきたいと思います!!

2011 / 06 / 23    カテゴリ: 活動風景
ソフトバレ-大会!!

大会開始!!                                

頑張ったけど、予選敗退・・・来年頑張ろう!!

2011 / 06 / 19    カテゴリ: 活動風景
災害支援ボランティア

4月6日~11日まで、宮城県へ行って参りました。気仙沼市の老人ホームへ介護のボランティアとして。

こちらの施設は海沿いにありながらも、高台にある施設のため、津波の被害は免れたものの、施設の庭から海岸を眺めると、

地震と津波の爪痕はものすごいものがありました。電気は4月1日に復旧したものの、毎日続く余震の影響で停電もしばしば起こる、

水道は出ず、給水車が毎日巡回して水を届けてもらう。

ボランティア活動中でも、震度4以上の地震も頻繁に起こる、ライフラインの復旧を待ちながら地震の恐怖にも怯えながら生活して行くというのはいざ、その場に入ってみないと実感できないものでした。自らも大変な状況にもかかわらず、いつもボランティアを気遣う優しさと、「やるしかない」と前を向いて進んで行こうとする、老人ホームのスタッフの方々に「東北人」の強さと優しさを垣間見ました。

今回、本当に良い経験ができたことに感謝し、この体験を今後に活かしていきたいと思います。

最後に、今回の震災で被害を受けた方々が、1日でも早く元の生活ができるように、笑顔になれるように、今後もできる範囲での支援をして行こうと思いました。

2011 / 04 / 14    カテゴリ: 活動風景